エリアマネジメントとは
エリアマネジメントの特徴
エリアマネジメントの成果
エリアマネジメントの進め方
エリアマネジメントの要素
エリアマネジメントの仕組み
エリアマネジメントの支援策
具体的な取組事例
推進マニュアル(PDF)
地区まちづくりルール
普及・推進ガイドブック
詳しく知るための手引き
 
エリアマネジメントの成果
   
  成果1. 快適な地域環境の形成とその持続性の確保
   
   住民・事業主・地権者のみならず、就業者・来街者にとっても快適で質の高い環境の形成が図られ、そしてその環境を維持する仕組みが整いつつあります。建築物や道路・公園等の公共施設の整備とあわせて、その場所にふさわしい活動がなされるような継続的な仕組みを整えることで、真に生き生きとした環境が形成されています。 
   
 
   
   
  成果2. 地域活力の回復・増進
   
   地域の活力が回復・維持、さらには増進することが期待されます。例えば、中心市街地においては、来街者が増えて活気を取り戻したり、空き店舗が減少して経済活動が活性化していくことが期待できます。居住人口や就業人口の回復、地域における空家・空地の減少やオフィス等の空室率の改善、犯罪発生率の低下、NPOやボランティア等の市民活動の活発化も考えられます。
   
 
   
   
  成果3. 資産価値の維持・増大
   
   エリアマネジメントの実施に伴い、土地・建物の資産価値が高まることが、期待されます。美しい街並みや安全で快適な環境が形成されることで、土地・建物の不動産価格が下落しにくくなったり、不動産の売却が比較的容易になったりする等、市場性を維持することができます。
   
 
   
   
  成果4. 住民・事業主・地権者等の地域への愛着や満足度の高まり
   
   地域の主体である住民・事業主・地権者等の地域への愛着や満足度が高まることが期待できます。その結果、エリアマネジメントへの参画意識が一層高まり、活動が充実化していくとともに、地域における住民の定住の促進や事業主による事業の継続等、地域の求心力が高まることによるさらなる効果が期待できます。
   
 
   
 
 
    トップページへ
 
国土交通省 土地・建設産業局企画課
TEL 03−5253−8111(内線:30644)