国土交通省 土地総合情報ライブラリー

現在の位置: ホーム > 制度・施策 > 不動産鑑定士

不動産鑑定士

不動産鑑定士は、不動産の鑑定評価に関する法律により規定された国家資格であり、不動産の鑑定評価に関する高度の専門職業家として、不動産の鑑定評価を行うために必要な資格です。
不動産鑑定士になるためには、試験に合格し実務修習を修了した上で、登録を受ける必要があります。

不動産鑑定士とは

不動産鑑定士は、国土交通大臣又は都道府県知事の登録を受けた不動産鑑定業者に所属し、不動産の鑑定評価や不動産の客観的価値に作用する諸要因に関する調査や分析、不動産の利用、取引若しくは投資に関する相談に応じる業務を行うほか、不動産会社、金融機関、Jリートの資産運用会社等企業内の不動産関連部門においても専門知識を活用した業務を行っています。

不動産鑑定士となるためには、国土交通省土地鑑定委員会が実施する不動産鑑定士試験(短答式及び論文式による試験)に合格し、かつ、一定期間の実務修習のすべての課程を修了し、さらに国土交通大臣による実務修習を終了したことの確認を受ける必要があります。
不動産鑑定士試験の短答式試験に合格した場合、以後2年間の短答式試験が免除され、直接論文式試験を受けることができます。
なお、平成18年度からの制度改正前の旧不動産鑑定士試験2次試験の合格者は新試験の合格者とみなされ、実務修習の課程を修了することなどにより、不動産鑑定士の資格を得ることができます。

不動産鑑定士試験

不動産鑑定士試験について、紹介します。
詳細はこちら

実務修習

実務修習は、不動産鑑定士試験の合格者に対して、不動産鑑定士となるのに必要な技能及び高等の専門的応用能力を修得させるため、国土交通大臣の登録を受けた実務修習機関が実施しています。
詳細はこちら


▲TOPへ戻る

不動産鑑定士の登録

不動産の鑑定評価を行うためには、国土交通大臣(地方整備局等の長へ権限委任)の登録を受ける必要があります。
詳細はこちら(国土交通省ホームページ(申請・手続))

また、住所等の登録を受けた事項に変更があったときは、遅滞なく、変更の登録の手続きが必要となります。
変更の登録

実務修習機関の登録

実務修習は、不動産鑑定士試験の合格者に対して、不動産鑑定士となるのに必要な技能及び高等の専門的応用能力を修得させるため、国土交通大臣の登録を受けた実務修習機関が実施しています。登録状況は、実務修習機関の登録についてPDFファイルをご覧ください。
詳細はこちら(国土交通省ホームページ(申請・手続))


関連情報

不動産鑑定の公表情報・・・不動産鑑定にかかるこれまでの公表情報を一覧で紹介します。
不動産鑑定業者・・・不動産鑑定業者の登録、事業実績について、紹介します。
不動産の鑑定評価・・・不動産の鑑定評価について、紹介します。


▲TOPへ戻る

このページに関するお問い合わせ

国土交通省 土地・建設産業局 地価調査課(鑑定評価指導室)
電話03-5253-8111(代表)(内線 30-314)

国土交通省 〒100-8918 東京都千代田区霞ヶ関2-1-3(代表電話)03-5253-8111 Copyright© 2010 MLIT Japan. All Rights Reserved