トップ > 環境不動産の関連情報・資料等 > 環境不動産に関する研究等
  • グリーンリース
  • 土地総合情報ライブラリー
  • 国土交通省 土地・建設産業
  • 環境不動産に関するアンケート調査
  • 環境不動産の経済的価値

環境不動産の関連情報・資料等

環境不動産に関する研究等

環境不動産に関連する研究会(国土交通省)

環境不動産に関連する調査研究(国土交通省)

環境不動産投資に関連する情報等

建築物の環境性能評価(CASBEE、LEEDなど)

金融機関による認証

DBJ Green Building認証

社会・経済に求められる「グリーンビルディング」が評価される不動産金融市場の整備・育成を進めるため、日本政策投資銀行が開発した認証制度。環境性能に加え、マルチステークホルダーへの配慮を含めた総合評価として構成され、「Ecology(環境)」、「Amenity(快適性)&Risk Management(防犯・防災)」、「Community(地域・景観)&Partnership(ステークホルダーとの連携)」の3つのカテゴリーを評価する。

SMBCサステイナブル ビルディング評価融資/私募債

環境性能が高く、リスク管理等の仕組みを配したサステイナブルな不動産の拡大に資するため、お客さまが保有・建設するビル等に対し、三井住友銀行(SMBC)独自の評価基準に基づき、CSRデザイン&ランドスケープ(株)がデータ分析やヒアリング等により評価を行うスキーム。
評価結果をリポートのかたちで還元することにより、利用者はビルの「サステイナブル格付」の取得に加え、ビル改修時等に評価結果を活用することができる仕組みとなっている。
評価基準は、CASBEEの要素だけでなく、LEED等の海外の認証制度の要素を十分加味した体系となっており、ビルの「環境性能」や持続可能性確保のために必要な耐震等の「リスク管理」、またそれらを担保・推進する「サステイナブル経営の方針と実践」などを評価する。オフィスビルに限らずホテルや物流倉庫など幅広い不動産での活用が可能。

海外の環境コード等

IPD Enviroment Code(環境コード):IPD(Investment Property Databank)

投資価値を測定する観点から、建築物の実際の利用状況に注目し環境負荷を評価するためIPDが開発したコード。1)エネルギー効率、2)水利用効率、3)ごみ処理効率、4)交通利便性、5)設備、6)室内環境、7)地球環境への変化への順応から構成される。

IPD 環境コード

Sustainable Property Index(サステナブル不動産インデックス):IPD、IPF(Investment Property Forum)

IPD Enviroment Codeをもとに、IPD及びIPFが投資パフォーマンスを示す投資指標を開発。1)建物の品質、2)交通利便性、3)エネルギー効率、4)水利用効率、5)ごみ処理効率、6)河川等の観覧リスクから構成される。

IPD/IPF サステナブル不動産インデックス

関連する研究

「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル (ZEB)」(経済産業省)

平成21年5月に「ZEBの実現と展開に関する研究会」を設立、平成21年11月、我が国の建築物のZEB化に向けた新たなビジョンを提案するとともに、課題やその対応策としての提言を報告書として取りまとめている。

「サステナブル不動産の付加価値と普及ビジネス」公益財団法人トラスト60

国内外における信託制度や信託類似制度について研究会方式による調査・研究を実施している。