国土交通省 土地総合情報ライブラリー

現在の位置: ホーム > マニュアル・事例 > 敷地細分化抑制のための評価指標マニュアル

敷地細分化抑制のための評価指標マニュアル

消費者が居住環境の価値を認識・評価した上で、良好な居住環境を備えた住宅・住宅団地を自ら選択できるよう、評価指標の検討を行った報告書について、紹介します。


「敷地細分化抑制のための評価指標マニュアル」(平成19年度)

※現在、大都市部における宅地需要に応じた新規供給では、ミニ開発などにより敷地の細分化を伴うものも多く、これらは、(1)安全・安心、(2)美しさ・ 豊かさなどの点において問題があり、良好な住宅地の環境(居住環境)を阻害する恐れがあります。そのため、敷地の細分化や、様々な問題のあるミニ開発を抑 制する必要があります。
しかし、将来にわたって良好な住宅地環境が供給・維持されるためには、周囲の居住環境に馴染まない敷地細分化やミニ開発を抑制すると共に、消費者が居住環境の価値を認識・評価した上で、良好な居住環境を備えた住宅・住宅団地を自ら選択できるような仕組みが必要となります。
本マニュアルは、こうした背景を踏まえ、(1)敷地細分化を伴うミニ開発の影響が、周辺の良好な住宅地等へ及ぼす影響の定量化を試みるとともに、(2)消 費者がミニ開発の居住環境を自ら評価できる評価指標の検討を目的として、「住宅団地の居住環境に係る技術的要因の分析等の検討委員会」を設置し、評価指標 について検討を行い、作成したものです。



関連情報

良好な住宅地の形成・管理・・・住宅地やニュータウンで良好な環境を整備し、再生する方策について紹介します。
エリアマネジメント・・・地域における良好な環境や地域の価値を維持・向上させるための住民・事業主・地権者などによる主体的な取組みである「エリアマネジメント」について紹介します。


▲TOPへ戻る


このページに関するお問い合わせ

国土交通省 土地・建設産業局 企画課
電話03-5253-8111(代表)(内線 30-644)

国土交通省 〒100-8918 東京都千代田区霞ヶ関2-1-3(代表電話)03-5253-8111 Copyright© 2010 MLIT Japan. All Rights Reserved