これまでの社会は、航路図、道路図、地域計画図、住宅図、商圏図などそれぞれのテーマに合った紙製の地図をたくさん生み出してきました。それらは、精度や縮尺も違えば、色使いや凡例も異なるので、用途ごとに何種類もの地図を使い分けてきました。
例えば、行政などでは、部署間で同じ地図を共有するのは難しく、それぞれの部署ごとに作製し、管理していました。
しかし、庁内LANによる全庁型のGISを構築すれば、一枚のベースマップにライフラインの位置、住宅図、植生といった様々な空間データを貼り付けることができるので、部署間で共有することが可能となるばかりでなく、いろいろな地理情報を参照しながら加工やシミュレーションがコンピュータ上で行えるようになります。
また、電子地図は拡大・縮小も自在に行え、紙製の地図のような切れ目がないので、自由な範囲を扱えるようになります。

国土交通省 土地・水資源局国土調査課