電子基準点
地上の正確な位置を知るにはGPS受信機が必要となります。電子基準点は、このGPS受信機が固定的に設置された、いわば電子三角点であり、高さ5mのステンレス製のタワーにGPS衛星からの電波を受信するアンテナと受信機が内蔵された構造になっています。得られたGPS観測データは、電話回線を通 じて、茨城県つくば市の国土地理院に集められます。また、基礎部には金属標が埋設してあり、トータルステーション等を用いる測量 にも利用できるようになっています。現在、全国約1000ヶ所で24時間の連続観測を行っています。
電子基準点の役割は2つあります。地殻変動測定と測量の基準点です。地殻の変動が分かると同時に、電子基準点から位置を求める高精度な測量も可能となりました。また、地籍調査のためのGPSの利用も進んでおり、これからの測量は高精度化、大幅な効率化、迅速化が実現することになりました。


国土交通省 土地・水資源局国土調査課