国土交通省 土地総合情報ライブラリー

現在の位置: ホーム > Q&A > Q. 土壌汚染地がブラウンフィールド化するのを回避し、有効活用するにはどうすればよいですか?

土壌汚染地がブラウンフィールド化するのを回避し、有効活用するにはどうすればよいですか?

A.

現在、土壌汚染に対する措置としては、土地の資産価値の下落懸念などから掘削除去による完全浄化が行われる場合が多いですが、この掘削除去を行うには多額な費用がかかることから、費用負担が困難な場合は土壌汚染地の取引の対象から外れ、開発利用がされないまま放置される場合があります(いわゆる「ブラウンフィールド」)。
このため、土壌汚染地がブラウンフィールド化するのを回避するためには、掘削除去に比較して対策費用が安い盛土、封じ込めなど、サイトの汚染状況や土地利用目的に応じた合理的で適切な土壌汚染対策を含めて検討することが有効であると考えられます。

すべてのQ&Aを見る

最近良く見られている質問

Q.国土法の届出が必要な面積はどのくらいですか?

Q.地価公示と都道府県地価調査とは?どのような役割がありますか?

Q.国土法の届出をしない場合はどうなりますか?

Q.エリアマネジメントとは、どのようなものですか?

Q.「不動産取引のアンケート調査」(土地取引状況調査票)というものが届きましたが、これはどのようなものですか?

国土交通省 〒100-8918 東京都千代田区霞ヶ関2-1-3(代表電話)03-5253-8111 Copyright© 2010 MLIT Japan. All Rights Reserved