東日本大震災の被災地における地価の状況

〈被災三県における調査結果の状況〉

  住宅地 商業地
  変動率(%) 上昇 横ばい 下落   変動率(%) 上昇 横ばい 下落
岩手県 H25 ▲ 2.7 16地点 6地点 107地点 H25 ▲ 4.8 3地点 3地点 47地点
H24 ▲ 4.8     113地点 H24 ▲ 7.0     45地点
H23 ▲ 4.9     119地点 H23 ▲ 7.6     50地点
宮城県 H25 1.4 256地点 46地点 77地点 H25 0.0 57地点 13地点 66地点
H24 ▲ 0.7 64地点 57地点 240地点 H24 ▲ 3.9 2地点 6地点 106地点
H23 ▲ 2.9   2地点 376地点 H23 ▲ 6.5     127地点
福島県 H25 ▲ 1.6 38地点 16地点 226地点 H25 ▲ 3.2   2地点 91地点
H24 ▲ 6.2     261地点 H24 ▲ 7.2     92地点
H23 ▲ 3.4   1地点 278地点 H23 ▲ 4.3     94地点
表1

岩手県及び宮城県の津波による被害を受けた市町村においては、海岸部への需要減退から引き続き下落している地点が見受けられる。一方、浸水を免れた高台の地区や被害が軽微だった地区等では、被災住民の移転需要や復旧事業関係の土地需要などから上昇・横ばい地点が見られ、結果として住宅地、商業地全体で上昇となった市町村が多く見受けられる。
 なお、宮城県石巻市の地点(石巻−17)は、前回(60.7%上昇)に引き続き住宅地で全国1位の上昇率(23.6%)を示し、石巻市では31地点上昇となった。
仙台市では移転需要や復興事業に伴う需要による地価の上昇・横ばい地点が多く現れ、住宅地、商業地ともに全体で上昇となった。


<沿岸域市町村の地価動向>
都道府県 市町村 【住宅地】 【商業地】
変動率(%) 上昇 横ばい 下落 変動率(%) 上昇 横ばい 下落
H24 H25 H24 H25
岩手県 宮古市 ▲ 5.4 5.2 3 1   ▲ 9.7 0.0   1  
大船渡市 ▲ 4.3 6.3 3     3.1 2    
久慈市 ▲ 4.4 ▲ 3.8     3 ▲ 8.3 ▲ 7.2     1
陸前高田市 ▲ 3.0 3.0 3    
釜石市 ▲ 0.8 2.9 2 1   ▲ 5.2 0.0   2  
大槌町 10.5 3    
山田町 ▲ 2.8 2.2 1 1   6.1 1    
野田村 ▲ 5.1 1.0 1 1  
宮城県 仙台市 ▲ 0.9 1.6 171 22 10 ▲ 3.2 1.3 45 8 21
石巻市 6.0 5.1 21 3 2 ▲ 2.8 2.3 10 3  
塩竃市 ▲ 1.8 0.3 6 2 3 ▲ 5.6 ▲ 2.6     6
気仙沼市 4.9 4.8 3 1   ▲ 4.0     1
名取市 ▲ 1.0 0.8 8 4   ▲ 4.2 ▲ 2.8     3
多賀城市 0.1 1.8 6 3 1 ▲ 3.8 ▲ 1.9     1
岩沼市 ▲ 1.8 0.1 2 5   ▲ 3.6 ▲ 2.8     3
東松島市 ▲ 0.8 0.6 3 2 4 ▲ 1.0 1.9 1    
亘理町 ▲ 1.5 6.5 1     ▲ 4.5 0.0   1  
山元町 ▲ 3.8 3.6 2     ▲ 4.3 ▲ 0.7     1
松島町 ▲ 5.6 ▲ 1.3     6 ▲ 4.2 ▲ 1.2   1 1
七ヶ浜町 11.2 8.2 2    
女川町 6.7 3.1 4   1
南三陸町 3.1 2    
表2

石巻市における地価動向

ダウンロード:PDFファイル

問合せ先:国土交通省土地・建設産業局地価調査課(主任分析官)吉野、(公示係長)横沢
(電話)03-5253-8379 (FAX)03-5253-1578
国土交通省ホームページへ | 国土交通省記者発表資料へ | 土地総合情報ライブラリへ | ライブラリー記者発表資料へ | 構成へ戻る | 次表へ