【表2の2】大阪圏の地域別変動率

(単位:%)
  住宅地 商業地
平成17年

H16.1.1

H17.1.1
平成18年

H17.1.1

H18.1.1
平成17年

H16.1.1

H17.1.1
平成18年

H17.1.1

H18.1.1
大阪府   △ 5.3 △ 1.9 △ 5.2 1.2
 大阪市 △ 3.6 △ 0.5 △ 4.2 3.4
  中心6区 △ 1.3 1.7 △ 3.3 6.0
 北大阪 △ 5.1 △ 1.8 △ 6.7 △ 1.5
 東大阪 △ 5.2 △ 1.0 △ 5.9 △ 0.6
 南大阪 △ 6.4 △ 3.1 △ 6.6 △ 2.6
兵庫県 △ 4.2 △ 0.8 △ 4.6 △ 0.3
 神戸市 △ 5.8 △ 2.9 △ 4.7 △ 0.6
  東部4区 △ 2.1 0.8 △ 4.1 0.4
 阪神地域 △ 2.7 1.2 △ 4.5 0.1
京都府 △ 5.7 △ 1.4 △ 3.8 3.2
 京都市 △ 4.6 △ 0.2 △ 3.3 4.1
  中心5区 △ 2.4 2.2 △ 1.1 6.6
 その他 △ 7.2 △ 2.8 △ 6.4 △ 2.3
奈良県 △ 5.9 △ 2.8 △ 7.0 △ 3.5
 奈良市 △ 5.7 △ 2.2 △ 5.9 △ 2.4
大阪圏 △ 5.2 △ 1.6 △ 5.0 0.8

(注)
1. 大阪市の中心6区とは、福島区、西区、天王寺区、浪速区、北区、中央区の各区である。
2. 北大阪とは、豊中市、池田市、吹田市、高槻市、茨木市、箕面市、摂津市、島本町、豊能町、能勢町、東大阪とは、守口市、枚方市、八尾市、寝屋川市、大東市、柏原市、門真市、東大阪市、四條畷市、交野市、南大阪とは、大阪市、北大阪、東大阪を除くその他の大阪府である。
3. 神戸市の東部4区とは、東灘区、灘区、兵庫区、中央区の各区である。
4. 阪神地域とは、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町である。
5. 京都市の中心5区とは、北区、上京区、左京区、中京区、下京区の各区である。


大阪圏の住宅地の上昇率上位市区町村 (単位:%)
  1 2 3 4 5
市町村 兵庫県
芦屋市
兵庫県
西宮市
兵庫県
尼崎市
兵庫県
伊丹市
兵庫県
宝塚市
3.7 2.4 1.2 0.9 0.7

大阪圏の住宅地の下落率上位市区町村 (単位:%)
  1 2 3 4 5
市町村 大阪府
岬町
大阪府
阪南市
大阪府
泉南市
京都府
井手町
大阪府
田尻町
△14.0 △12.2 △10.9 △8.5 △7.7

大阪圏の商業地の上昇率上位市区町村 (単位:%)
  1 2 3 4 5
市町村 京都府
京都市
大阪府
大阪市
京都府
向日市
兵庫県
芦屋市
大阪府
守口市
兵庫県
尼崎市
兵庫県
西宮市
4.1 3.4 3.3 1.7 0.7 0.7 0.7

大阪圏の商業地の下落率上位市区町村 (単位:%)
  1 2 3 4 5
市町村 大阪府
能勢町
大阪府
阪南市
奈良県
大淀町
大阪府
泉南市
大阪府
泉佐野市
△10.2 △9.6 △9.5 △9.3 △8.4

問合せ先: 国土交通省土地・水資源局地価調査課(企画専門官)赤松、(企画係長)黒瀬
(電話)03-5253-8377 (FAX)03-5253-1578
国土交通省ホームページへ | 国土交通省記者発表資料へ | 土地総合情報ライブラリへ |
ライブラリー記者発表資料へ | 構成へ戻る | 次表へ |