平成16年地価公示に基づく平成15年の地価動向について(要旨)


平成16年3月23日
国土交通省土地・水資源局

 全国平均で見ると、地価は引き続き下落しているが、東京都区部及びその周辺地域においては、上昇や横ばいの地点が増加し、下げ止まりの傾向が強まっている。
 この傾向は、名古屋市・札幌市・福岡市にも一部現れてきており、地価の動向に変化の兆しも見られる。なお、大阪圏については、大阪市・京都市の商業地で、横ばいの地点が若干増加したにとどまっている。

平成15年1月以降の1年間の全国の地価は、引き続き下落しているが、商業地では2年連続して、また、住宅地では6年ぶりに、それぞれ下落幅が縮小した。

三大都市圏では、住宅地商業地とも下落幅は縮小した。一方、地方圏では、住宅地下落幅が拡大し、商業地昨年と同じ下落幅となった。

東京都区部都心部では、上昇や横ばいの地点が増加し、区部南西部や区部北東部・多摩地域の一部横ばいやほぼ横ばいの地点が広がるとともに、千葉県の東京近接地域にも上昇地点が現れるなど、これらの地域では、下げ止まりの傾向が強まっている

名古屋市・札幌市・福岡市では、上昇や横ばいの地点の広がりが見られる。なお、大阪圏については、大阪市・京都市商業地で、横ばいの地点が若干増加したにとどまっている。

前回の地価公示において、東京都区部を中心として見られた地価の下げ止まりの傾向が、他の圏域の中心都市にも一部現れてきており、地価の動向に変化の兆しが見られる。

問い合わせ先:国土交通省土地・水資源局地価調査課(鑑定評価指導官)是澤、(企画係)
         (電話)03-5253-8377   (FAX) 03-5253-1578 

国土交通省ホームページへ | 国土交通省記者発表資料へ | 土地総合情報ライブラリへ |
ライブラリー記者発表資料へ | 構成へ戻る | 次表へ |