5.名古屋圏の住宅地

※( )は前年変動率
愛知県
  • 名古屋市では、1.4%上昇(1.4%上昇)。上昇が続いている区が多く見られ、上昇幅が昨年より拡大した区も見られる。
    • 特に名古屋市中村区、昭和区、熱田区では、マンション素地需要が堅調で、上昇幅が昨年より拡大した。
  • 尾張地域及び西三河地域では、上昇が続いている市町が多く見られ、上昇幅が昨年より拡大した市町も見られる。
  • 尾張地域西部及び知多地域では、下落が続いている市町村が見られる。
三重県
  • 四日市市では、▲0.5%(▲0.5%)。
  • 圏域全ての市町では、下落が続いている。
[平成29年] 地図を拡大
平成29年 市区町村別地価動向 名古屋圏−住宅地

[平成28年]
平成28年 市区町村別地価動向 名古屋圏−住宅地 凡例
 
ダウンロード:PDFファイル

問合せ先:国土交通省土地・建設産業局地価調査課
(電話)03-5253-8379 (FAX)03-5253-1578

国土交通省ホームページへ | 国土交通省記者発表資料へ | 土地総合情報ライブラリへ |
ライブラリー記者発表資料へ | 構成へ戻る | 次表へ |