5.名古屋圏の住宅地

(前年変動率)
愛知県
  • 名古屋市は2.4%上昇(1.8%上昇)。戸建住宅地、マンションともに需要が強く、特に優良住宅地への需要が堅調で上昇基調を続けている。特に、東区は4.4%上昇(5.7%上昇)、昭和区は5.3%上昇(4.5%上昇)、緑区は4.0%上昇(3.7%上昇)と4%を超える上昇となった。
  • 西三河地域は、地域経済が好調で堅調な住宅地需要から、上昇基調を続けている。しかし、刈谷市は2.0%上昇(3.7%上昇)、安城市は1.8%上昇(3.6%上昇)、みよし市は2.3%上昇(3.7%上昇)と上昇基調を弱めている。
  • 尾張地域は、名古屋市中心部への交通利便性が良好なこと等から需要は堅調であり、特に豊明市は2.9%上昇(1.1%上昇)、日進市は4.6%上昇(2.0%上昇)、長久手市は2.3%上昇(1.2%上昇)と上昇基調を強めている。
  • 知多地域は、名古屋市中心部への交通利便性が良好な一部の地域で需要が回復し上昇している市町が見られるが、その他の地域では、依然下落基調が続いている。
三重県
  • 四日市市は▲0.6%(▲1.1%)。桑名市は▲0.9%(▲1.3%)。名古屋市中心部への交通利便性が良好なことから優良住宅地への需要が堅調で上昇地点が見られ、下落基調を弱めている。
[平成26年] 地図を拡大
平成26年 市区町村別地価動向 名古屋圏−住宅地

[平成25年]
平成25年 市区町村別地価動向 名古屋圏−住宅地 凡例
 
ダウンロード:PDFファイル

問合せ先:国土交通省土地・建設産業局地価調査課(主任分析官)吉野、(公示係長)河野
(電話)03-5253-8379 (FAX)03-5253-1578

国土交通省ホームページへ | 国土交通省記者発表資料へ | 土地総合情報ライブラリへ |
ライブラリー記者発表資料へ | 構成へ戻る | 次表へ |