30.市区町村別地価動向

5.名古屋圏の住宅地

名古屋市
  • 名古屋市は0.0%(前年▲0.1%)。人気の高い住宅地やマンション用地に対する需要が増加しており、地下鉄駅の整備や区画整理事業の進展等から16区中5区で上昇し、4区で横ばいとなった。一方、液状化等の懸念から需要が減退していることから、中川区▲1.4%(前年▲1.1%)、港区▲1.8%(前年▲1.8%)と前年と同様の下落率となっている。
名古屋市以外
  • 西三河地域は、地元企業等の従業者の住宅取得需要が強いことから、刈谷市や安城市の他4市において全体で上昇となり、県全体でも0.0%(前年▲0.5%)となった。
[平成24年] 地図を拡大
平成24年 市区町村別地価動向 名古屋圏の住宅地

[平成23年]
平成23年 市区町村別地価動向 名古屋圏の住宅地


問合せ先:国土交通省土地・建設産業局地価調査課地価公示室(主任分析官)吉野、(公示係長)横沢
(電話)03-5253-8379 (FAX)03-5253-1578

国土交通省ホームページへ | 国土交通省記者発表資料へ | 土地総合情報ライブラリへ |
ライブラリー記者発表資料へ | 構成へ戻る | 次表へ |