定期借地権 > 定期借地権の事例 > ムサカガーデン・三室

定期借地権

定期借地権の事例

ムサカガーデン・三室

区分
区分 都市農地活用
所在地 さいたま市
ロケーション 住宅地開発
用途 分譲住宅
建物概要 45区画(木造2階建)
敷地面積 約1ha
区画面積 約175〜224m²
準備期間 H3年(税理士提案)
造成期間(竣工) 9年間 (H19年)
定期借地権の概要
定期借地権期間 一般:100年
賃料支払形式 下記
土地所有者 農家
賃借人 居住者
事業費(建設費) 非公開
証券化併用

補足説明

◇自元税理士が、イギリスのリースホールド型住宅経営に
 定期借地権制度を活用してみてはどうかと発想したのが発端。
◇地元名士(大地主)が、これに呼応する形で協力。
◇その後、大手銀行の住宅ローンにおいて、
 定期借地権付住宅が融資対象になったことで、分譲が円滑化。
◇美しい街並みを維持するために、電線を隠す工夫や、コミュニティ協定等が結ばれている

出典:国土交通省「19年度定期借地権供給実態調査」

定期借地権の事例トップへ

  • 主要都市の不動産市場基本データ
  • 全国
  • 北海道・東北
  • 信越・北陸
  • 関東
  • 東海
  • 近畿
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄

メニューから地域を選択、もしくは地図上をクリックして、見たい地域を選択してください。各地域に該当する不動産市場基礎データの情報を表示します。