北九州市戸畑区のJR戸畑駅から約800mの中心市街地の一角にある市有地が、一般公募型プロポーザル方式によって、区役所、高齢者向け市営住宅、障害者地域活動センター、保育所、公社賃貸集合住宅、民間分譲集合住宅等が一体となった多世代交流のまちに生まれ変わりました。

「戸畑C街区整備事業」福岡県北九州市

 本事業では、設計から施工まで、土地の活用形態、区画割りを含め一括して行う総合的土地活用事業マネジメントを活用し、戸畑のランドマークとなる印象的で魅力的な都市空間が創出されました。


■地区の概要と課題

戸畑区役所周辺地区は、JR戸畑駅から東南に約800mに位置し、主要な幹線道路に隣接する交通至便地です。

平成9年12月に、市民と行政が一体となって策定した「戸畑まちづくり構想」において、「福祉・文化 ふれあいの戸畑核(コア)」として位置付けられています。

土地活用上の課題としては、都市施設の老朽化・機能更新、市街地中心部への居住の推進、高齢者が暮らしやすいまちづくりの推進、子どもを産み育てやすい環境づくりの推進、高齢社会に対応した地域のコミュニティ形成の推進が挙げられます。


■地区の位置

地区の位置

■事業の経緯

戸畑区役所周辺地区の整備計画(案)は、平成13年5月に策定され、この中で、本地区(C街区)では新しい区役所や福祉施設、住宅などの整備が計画されました。

C街区ではこれを踏まえて平成15年11月に事業実施方針、計画方針を策定し、平成16年7月に事業者募集要項等の公表(事業者募集開始)を行いました。

平成16年11月に戸畑C街区整備事業者選定審査委員会による審査が行われ、平成16年12月に事業予定者と整備概要が決定し公表されました。

これに基づいて、平成17年3月に選定された事業者((株)竹中工務店九州支店、(株)隈研吾建築都市設計事務所、新日本ホームズ(株))と基本協定を締結し、8月に建築工事に着手しました。

平成18年10月には、区役所・駐車場・市営住宅・障害者地域活動センター・保育所が竣工し、平成19年3月には、民間分譲集合住宅、高齢者複合施設が竣工しました。

平成19年6月には、公社賃貸集合住宅が竣工し、C街区全施設が完成しました。


■地区の外観

その1

■事業の概要、事業スキーム

本事業は設計から工事までを一括して行う事業者を選定する「一般公募型プロポーザル方式」を採用しました。

各施設整備における整備水準及び提案の方向性は、要求水準を公募の際の条件として明示し、デザインは事業者に委ねました。

区役所、駐車場、市営住宅、障害者地域活動センター、保育所、屋外交流広場を民間で整備し、前者2つは10年割賦で市が買取り、後者は完成後一括買取を条件としました。

通常は部署毎に区役所(総務)、住宅(建築)、高齢者・障害者施設(福祉)と事業が別れてバラバラになりますが、今回は民間事業者の提案により一つ一つの事業の枠を超えて、コンセプト、デザインの統一感を得ることができました。

区役所庁舎等の公共施設建物は完成時に市が購入し、北九州市住宅供給公社の賃貸集合住宅は直接市と50年の定期借地契約を締結しています。

また、民間分譲集合住宅は市有地を売却し民間事業者が建築分譲しました。


■戸畑区役所周辺地区整備計画図その2

■事業の構造1

事業の構造1

■事業の構造2



■事業の効果など

戸畑のランドマークとなる印象的で魅力的な都市空間が創出され、区役所の屋上に緩やかな勾配を付けて丘を造り、緑化し、ここに住む人やここを訪れる人達の交流の場となっています。

区役所の外壁部分は、国指定の重要無形民俗文化財である戸畑祇園大山笠の観覧席として活用しています。

若い世代には家賃補助のある公社の賃貸集合住宅、高齢者には高齢者向けの市営住宅、持ち家志向のシニア世代には民間分譲集合住宅と、多様な住宅を整備し、多世代共生の街なか居住に寄与しています。

建物の外壁色に濃淡を付け、モザイク状に配色するとともに、上層階にいくほど淡い色を多く使うことで大規模な建築物が持つ圧迫感を軽減しています。

民間分譲集合住宅は完売し、ふれあいのむら(高齢者向け市営住宅)及び公社賃貸集合住宅の入居率は100%と非常に好調に推移しています。

屋上緑化・雨水利用・自然エネルギーの活用などの環境施策を実施しており、「世界の環境首都」を目指す北九州市の新たなシンボルとなっています。


■施設の外観施設の外観


屋上の様子

■「戸畑C街区」施設概要

位置

福岡県北九州市戸畑区千防1丁目

地区面積

約1.3ha

事業主体等

事業主体:北九州市
事業者グループ:
  全施設の設計・施工:(株)竹中工務店九州支店(グループ代表)
  全施設の設計:(株)隈研吾建築都市設計事務所
  民間施設の建設・分譲:新日本ホームズ(株)
プロジェクトの総事業費:約38億円(公共部分のみ)
活用した公的事業、公的支援 主要資金調達手法:
  国土交通省の地域住宅交付金・公営住宅等整備事業

土地諸元

土地所有者
 公共施設用地:北九州市が所有
     約8,700m2(区役所・高齢者向け市営住宅・保育所・障害者地域活動センター)
 公社施設用地:北九州市が北九州市住宅供給公社に50年間の定期借地
     約2,000m2(公社賃貸集合住宅)
 民間施設用地:北九州市から民間施設の事業者に売却
     約2,300m2(民間分譲集合住宅)
周辺地価水準:115千円/m2(平成16年の事業者募集時点)

施設計画の概要

敷地面積  :約13,000 m2
建築面積  :約10,000m2(建ぺい率;約80%)
延べ床面積:約40,000m2(容積率:約230%)


■問合せ先
 北九州市 建築都市局 総務企画部 事業調整課
 TEL:093-582-2864
 〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号