国土交通省 土地総合情報ライブラリー

現在の位置: ホーム > 所有・利用状況データ > 土地所有・利用状況に関する企業行動調査

土地所有・利用状況に関する企業行動調査

土地所有の有利性や土地の購入・売却など土地に関する企業の意識・行動を調査し、公表しています。

平成24年度  土地所有・利用状況に関する企業行動調査

「今後、土地・建物の利用について、所有と借地・賃借ではどちらが有利になると思うか」という設問に対して、平成10年度以降は、「今後、所有が有利」と回答した企業が30%台後半から40%前後で、「今後、借地・賃借が有利」と回答した企業が、平成21年度を除き40%台で推移しています。平成24年度については「今後、所有が有利」と回答した企業が36.6%、「今後、借地・賃借が有利」と回答した企業が45.6%、「今後、借地・賃借が有利」と考える企業の割合が増加しています。

 

 

 →他の調査結果はこちらPDFファイル

 

調査対象

8大都市(東京都区部、大阪市、名古屋市、札幌市、仙台市、京都市、広島市、福岡市)に本社のある資本金1千万円以上の5,000社

 

調査内容

①土地の所有・利用状況と意識

②土地の売買状況と意識

③環境価値を重視した不動産への入居状況や入居する不動産の判断基準について

これまでの発表資料


関連情報

C R E 戦略実施のためのガイドライン ・・・企業がC R E 戦略を実施するにあたっての、実務的な指針として作成したガイドラインについて、紹介します。
環境不動産ポータルサイト ・・・不動産の環境配慮に関する取組事例や各種規制・補助制度などの総合的な情報について、紹介します。

 

▲TOPへ戻る

このページに関するお問い合わせ
国土交通省 土地・建設産業局 参事官(土地市場担当)室
電話03-5253-8111(代表)(内線 30-242)

 

 

 

国土交通省 〒100-8918 東京都千代田区霞ヶ関2-1-3(代表電話)03-5253-8111 Copyright© 2010 MLIT Japan. All Rights Reserved