国土交通省 土地総合情報ライブラリー

現在の位置: ホーム > 所有・利用状況データ > 定期借地権に関する調査 > 平成16年度定期借地権供給実態調査:公的主体における定期借地権の活用実績調査

平成16年度定期借地権供給実態調査:公的主体における定期借地権の活用実績調査

調査の概要

全国の地方公共団体(都道府県、市区町村)、地方住宅供給公社、土地開発公社、都市再生機構等の公的主体を対象に、公的主体における定期借地権活用実績について調査しました。3,181団体に調査票を送付し、1,847団体から回答を得ました。

調査結果のポイント

  1. 定期借地権の活用実績があったのは128団体で、そのうち116団体は定期借地権付の土地を貸し、20団体は定期借地権付の土地を借りていました。(土地を貸し、かつ借りている団体が8団体ありました。)
  2. 今後、土地所有者として定期借地権を活用する予定のある団体は108団体で、現在検討している物件がある団体は14団体でした。借地人として活用する予定のある団体は27団体で、現在検討している物件がある団体は4団体でした。
  3. 定期借地権を活用したプロジェクト件数は818件です。うち土地を貸しているプロジェクト件数は792件、土地を借りているプロジェクト件数は26件です。
  4. 平成16年末までに供給された住宅は9,255戸です。
  5. 住宅以外の事業施設は425件あり、用途は小売、工場等が7割を占めています。
  6. 平成16年に供給された住宅は717戸、住宅以外では133件の実績がありました。(土地を借りている場合の1件を含む。)

調査結果の概要

1.活用の状況
定期借地権の活用実績があったのは128団体で、そのうち116団体は定期借地権付で土地を貸し、20団体は定期借地権付の土地を借りていた。
定期借地権付の土地を貸し、かつ借りている団体が8団体あった。
定期借地権を活用したプロジェクト件数は全体で818件であり、そのうち、土地を貸しているプロジェクト件数は792件(97%)、土地を借りているプロジェクト件数は26件(3%)である。


定期借地権を活用している団体(単位:団体)

定期借地権を活用している団体


定期借地権を活用したプロジェクト(単位:件)

定期借地権を活用したプロジェクト


▲TOPへ戻る

2.今後の活用意向

今後、土地所有者として定期借地権を活用する予定のある団体は108団体で、現在、検討している物件がある団体は14団体である。土地を貸している実績のある団体116団体のうち、今後、活用する予定のある団体は53団体で、現在、検討している物件がある団体は4団体である。

借地人として活用する予定のある団体は27団体であり、現在、検討している物件がある団体は4団体である。既に土地を借りている団体20団体のうち、今後、活用する予定のある団体は4団体であり、現在、検討している物件がある団体は1団体である。


土地所有者としての活用予定(単位:団体)

土地所有者としての活用予定


借地人としての活用予定(単位:団体)

借地人としての活用予定


▲TOPへ戻る

3.土地を貸している場合の実績
①貸付件数
  116団体が792件貸しており、平均6.8件である。
  団体別にみると、市が49団体で、次いで公社等の47団体となっている。
  件数別に見ると、公社等が585件(平均12.4件)で市が108件(平均2.2件)である。


定期借地権で土地を貸している団体と貸付状況(単位:団体、件)

定期借地権で土地を貸している団体と貸付状況


②借地権の種類
  792件のうち、一般定期借地権が401件、建物譲渡特約付借地権が6件、事業用借地権が385件である。
  住宅は387件で、一般定期借地権が380件、建物譲渡特約付借地権が5件、及び施設等で住宅を併設している一般定期借地権が2件ある。
  住宅以外は407件で、事業用借地権が385件、一般定期借地権が21件、建物譲渡特約付借地権が1件である。


借地権の種類別・建物用途(単位:件)

借地権の種類別・建物用途


▲TOPへ戻る

4.土地を借りている場合の実績
①借用件数
  20団体が26件の借用をしている。
  団体別にみると、市が11団体で14件、次いで公社等の6団体、8件である。


定期借地権で借用している団体(単位:団体、件)

定期借地権で借用している団体


②借地権の種類
  一般定期借地権が19件、建物譲渡特約付借地権は1件、事業用借地権は6件である。
  住宅は8件あり、すべて公社等であり、7件が一般定期借地権である。
  住宅以外は18件あるが、一般定期借地権が12件で事業用借地権が6件である。14件を市が行っている。


定期借地権で借用している借地権の種類・建物用途(単位:件)

定期借地権で借用している借地権の種類・建物用途


③土地所有者・用途
  26件の土地所有者は20件が民間地主、次いで地方公共団体が4件である。
  公共団体が民間の土地所有者から借地して、小学校、図書館、保育所、福祉作業所、市民センター、劇場、学校給食センター、福祉作業所、温泉レジャー施設、などさまざまな施設に用いている。
  公社等が公共団体や民間の土地を借りて住宅を供給している場合が8件ある。


団体別・土地所有者別(単位:件)

団体別・土地所有者別


▲TOPへ戻る

5.住宅供給の状況
定期借地権の状況
  定期借地権付で土地を貸している団体が48団体、土地を借りている団体が6団体で、件数では395件、9,391戸となっている。
しかし、これらの団体数、件数、戸数には重複があるので、住宅需要者に対する事業者としては、51団体が392件、9,255戸の住宅を供給していることとなる。


土地の貸付借用別住宅供給数(単位:団体、件、戸)

土地の貸付借用別住宅供給数


平成6年から供給が始まり、平成16年末までの累計戸数は9,255戸(一戸建住宅7,830戸、マンション1,425戸)であった。

三大都市圏で全体の88%が供給されている。

平成16年に供給された住宅は717戸(一戸建住宅261戸、マンション456戸)である。


住宅供給の推移(単位:戸)

住宅供給の推移

注:()はマンション戸数で内数

注:公的主体が他の公的主体から借地して住宅を供給している場合は、最終需要者に供給した戸数を計上している。


▲TOPへ戻る

6.住宅以外の活用状況(土地を貸している場合)
定期借地権の活用状況
  プロジェクト件数は407件で、うち事業用借地権が385件である。平成4年の2件から活用が始まり、平成16年では132件行わている。
事業用に土地を貸し出す団体は平成10年から毎年5団体程度ずつ増加し、平成13年以降は毎年新たな10団体以上が、施設等用地に土地を貸し始めている。平成16年までの累計では407件の施設等へ土地を貸し出している団体が87団体となった。
なお、土地を借りて住宅以外に定期借地権を活用している場合は前述したとおり18件であり、住宅以外の活用件数としては425件となる。


施設等への活用の推移(単位:件、団体)

施設等への活用の推移


用途
  施設等の用途としては小売が191件(50%)で最も多く、次いで工場が101件(26%)である。


施設等の用途(単位:件) (※ 複数回答)

施設等の用途


施設の規模等
  敷地面積は平均で約15,100m2である。1,000~3,000m2未満が最も多く21%、次いで5,000~10,000m2未満が20%である。
平均敷地面積を用途別に見ると小売が最も広く約17,400m2、次いで工場の約13,300m2である。


施設等の敷地面積(単位:件)

施設等の敷地面積


用途別平均敷地面積(単位:m2)

用途別平均敷地面積


▲TOPへ戻る

国土交通省 〒100-8918 東京都千代田区霞ヶ関2-1-3(代表電話)03-5253-8111 Copyright© 2010 MLIT Japan. All Rights Reserved