国土交通省 土地総合情報ライブラリー

現在の位置: ホーム > 所有・利用状況データ > 定期借地権に関する調査 > 平成18年度定期借地権供給実態調査

平成18年度定期借地権供給実態調査

国土交通省土地・水資源局土地政策課土地市場企画室では平成17年度に引き続き、平成18年度に「定期借地権供給実態調査」を実施しました。

この調査は全国の定期借地権付住宅の供給実績、二次流通の状況、さらに、近年定期借地権活用について関心が高まっている地方公共団体等の意向と活用実態を調べました。

1.調査の進め方

① 全国定期借地権付住宅の供給実績調査

平成8年以降、定期借地権付住宅の供給実績調査を財団法人都市農地活用支援センターと定期借地権普及促進協議会(現定期借地権推進協議会)が協力して行ってきました。
平成18年に供給された定期借地権付住宅を把握するために、同協議会の会員、および過去に定期借地権付住宅の供給実績があった全国の事業者を調査対象とし、さらに、新聞、インターネット、住宅情報誌等の資料をもとに、定期借地権付住宅を供給している事業者を新たに調査対象として加えました。
これらにより、定期借地権付住宅を供給している事業者255社・団体に対して調査票を送付し、必要に応じて電話による聞き取りを行いました。
公的主体に関る事例については、併行して実施した公的主体における定期借地権の活用実績調査と照合を行いました。
平成17年末までの供給実績調査結果に上記で求めた供給実績を加えて平成18年末までの定期借地権付住宅供給実績を求めました。

② 定期借地権付住宅の二次流通実績調査

二次流通実績調査は、国土交通大臣指定の不動産流通機構「財団法人東日本不動産流通機構」「財団法人中部圏不動産流通機構」「財団法人近畿圏不動産流通機構」、および「財団法人西日本不動産流通機構」の4団体に対して、平成18年に登録された物件の中から定期借地権付住宅に関するデータの開示を要請しました。
昨年度に得られたデータに平成18年分を追加し集計・分析を行いました。
上記調査では把握出来ない、より具体的な取引実態を把握するために、中古定期借地権付住宅の取引実績を有する流通業者に対し、平成17年1月~12月までに成約した物件を対象としてアンケート調査を行いました。
さらに、定期借地権付住宅供給実績調査の調査項目に二次流通実績の有無を加え、実績のあった事業者に対して上記のアンケート調査を行い、流通事例の確保に努めました。
定期借地権付住宅の総供給戸数との関連については、供給実績調査結果を活用しています。

③ 公的主体における定期借地権の活用実績調査

公的主体の活用実績調査は、全国すべての地方公共団体と地方住宅供給公社、土地開発公社、独立行政法人都市再生機構等の3,454団体を調査対象(2,275団体に調査票を送付)として実施しました。活用実績の中で、民間事業者と関わりのある件数については供給実績調査結果と照合して正確を期しています。

2.調査結果

全国定期借地権付住宅の供給実績調査PDFファイル

定期借地権付住宅の二次流通実績調査PDFファイル

公的主体における定期借地権の活用実績調査PDFファイル

国土交通省 〒100-8918 東京都千代田区霞ヶ関2-1-3(代表電話)03-5253-8111 Copyright© 2010 MLIT Japan. All Rights Reserved